ソフト闇金ライトはブラックOKの簡単即日融資!最短5分で~50万円までキャッシング

 お申し込みはこちら

借入審査に落ちる原因?対策してお金を借りよう。

審査に落ちるのには原因がある、原因を知れば対策しお金を借りることができる

ソフト闇金(ヤミ金)

なぜ審査に通らないのかわかりますか?
また、通らなかったことに対して調べようと思ったことはありますか?
一度、審査が通らなかったからもうお金は借りれないと諦めてしまっていませんか?
まだ諦めてはいけません、審査が通らないのには原因があって、対策を行えばお金を借りることはできます。
ちなみにご自分の借金は把握していますか?そして、今どこから借りることができないかわかりますか?まずは自分の借金、自分の過去の履歴から調べましょう。

自分がブラックになっている原因を調べる。

お金を借りることができなかった、審査に落ちてしまったという方はブラックになっている可能性が高いでしょう。
銀行であれば所得が低いと融資を受けられない可能性はあります、また無職の方は消費者金融、ローン、クレジットカードなどの発行は難しいでしょうが、それ以外の理由で審査に落ちてしまうということはブラックになっている可能性が高いです。
ブラックになっている場合、信用情報を開示することでブラックになっている原因を調べることができます。原因がわかれば、まだ借りるチャンスがあるかどうか判断できます。

【受付はこちらをクリック】即日~5万円までの少額融資が必要な方はこちら >>
ブラックでも絶対借りれるソフト闇金「ライト」にまずはご相談ください。無審査・在籍確認不要の簡単手続きで即日融資(借入・現金化)可能です。【2019年安心安全なソフトヤミ金ベスト10社】

個人信用情報機関で信用情報の開示請求で自分がブラックになっている理由を知る

ソフト闇金(ヤミ金)

例えばあなたが携帯電話の分割購入を申し込みをすると、キャリアの審査担当者は「個人信用情報機関」に記録されている「信用情報」をみて、返済がちゃんとできるかどうか判断します。これが審査です。
今までの他の支払いが遅れなく順調で悪いデータがなく返済がキチンとできると判断されれば通りますし、悪いデータがあれば返済できなくなる可能性があると判断されて審査を落とされます。

信用情報とはあなたのこれまでの返済実績が記録されている情報です

クレジットカードの使用状況、各種ローンの返済状況などなど、いわゆる信用取引に関するデータ(クレヒス)です。
情報の内容は支払い情報だけではなく申し込み内容、契約内容、取引内容、すべてが記録されています。
新しくカードを作るときやカーローン、消費者金融などを利用する際、クレジットカード会社、銀行、消費者金融は申込者が今までどうだったかを判断するために信用情報をみています。
金融機関はこのように「信用情報」を参考にして融資ができるできないを判断するのですが、この「信用情報」を個人でも確認することができます。
自分の「信用情報」を確認して、今どんな悪い情報が載っていて審査に落ちてしまうのか原因をつきとめることができるので、ブラックの方には是非、開示することをおすすめします。

【受付はこちらをクリック】即日~5万円までの少額融資が必要な方はこちら >>
ブラックでも絶対借りれるソフト闇金「ライト」にまずはご相談ください。無審査・在籍確認不要の簡単手続きで即日融資(借入・現金化)可能です。【2019年安心安全なソフトヤミ金ベスト10社】

日本に信用情報機関は3つある

CIC
JICC(株式会社日本信用情報機構)
ksc(全国銀行個人信用情報センター)

上記に書いた通り「信用情報」を取り扱っている「信用情報機関」ですが、日本には3つあります。
金融情報、ブラックに詳しい方はご存じと思いますが、3社の違いを説明できますか?違いが曖昧という方も多いのではないでしょうか。
まずはこの3つの信用情報機関の違いを把握しましょう。

CIC

株式会社シー・アイ・シー通称CICです。
最大の特徴として全ての信販会社、クレジットカード会社が加盟が義務づけられています。
更に消費者金融などの貸金業者が加盟しているため、もっとも加盟店が多い信用情報機関です。
現在進行形でクレジットカード会社やローン会社から利用者の情報、支払い状況を収集しています。
例えば、利用者が携帯電話の分割払いを申し込んだ場合、申し込み情報として信用情報に記載されます。
正確には携帯電話の場合はキャリアで、クレジットカード会社、ローン会社に申し込みがあり審査でCIC情報を閲覧した時点で申し込みがあったと登録され、申し込み情報は閲覧された日から半年間は記載されると言われています。

JICC

(株)日本信用情報機構、通称JICCです。
CICと役割は基本的に同じですが、最大の特徴はメインの情報は消費者金融系といわれている。

ksc(全国銀行個人信用情報センター)

全国銀行個人信用情報センター、通称KSCです。
上2社と異なり、主に銀行が加盟しています。
クレジットカード会社はほとんど加盟していませんので、例えばKSCでブラック状態であっても前述の2社しか参考にしないクレジットカード会社で新規カードの発行が可能です。

ソフト闇金(ヤミ金)

個人信用情報機関に加盟していないソフト闇金は融資を受けることができる

ブラック状態とは、個人信用情報機関の信用情報に悪いデータが載っている期間を指します。
つまりその悪いデータが残っている間はお金を借りることができません。
消費者金融やクレジットカード会社やローン会社は、申込の段階で加盟している信用情報機関の信用情報を調査します。
ブラック状態の人がお金を借りることはまず不可能でしょう。
では加盟していない貸金業者がいれば?それが「ソフト闇金」です。
加盟していないソフト闇金は引用情報を開示することができませんのでブラックかどうか判断できません。
そもそも考え方の違いがあって消費者金融などでは貸し倒れであったり延滞したことのある人は、またお金を貸しても同じことになるだろうと判断されます。
ソフト闇金では過去がどうであっても今後ちゃんと返済すればいいと考えているところが多く、過去の状態をあまり参考にしない傾向があります。

【受付はこちらをクリック】即日~5万円までの少額融資が必要な方はこちら >>
ブラックでも絶対借りれるソフト闇金「ライト」にまずはご相談ください。無審査・在籍確認不要の簡単手続きで即日融資(借入・現金化)可能です。【2019年安心安全なソフトヤミ金ベスト10社】

タイトルとURLをコピーしました