ソフト闇金ライトはブラックOKの簡単即日融資!最短5分で~50万円までキャッシング

 お申し込みはこちら

ブラックでも携帯を買える!!分割が出来ない人、ブラックの携帯電話購入方法

投稿日:2019年7月20日
更新日:2020年9月26日

ソフト闇金

ブラックとはクレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなかったりするだけではありません。
携帯を契約をすることも難しくなってきます。
「分割」や「のりかえ」で断られて、
自分が契約できない状況だけど、電話がないと実際不便ですよね。
携帯電話を持っていないというだけで、過去になにかあった人なのか
借金まみれの人なのか、そう判断されるのが現実です。
就職にも不利と言われています。
だからこそ早急に携帯電話を持たないといけない!というブラックのあなた。
今回は、いわゆる「携帯ブラック」でも携帯を契約する方法をまとめてみましたので、参考になれば幸いです。

【受付はこちらをクリック】即日~5万円までの少額融資が必要な方はこちら >>
ブラックでも絶対借りれるソフト闇金「ライト」にまずはご相談ください。無審査・在籍確認不要の簡単手続きで即日融資(借入・現金化)可能です。【2019年安心安全なソフトヤミ金ベスト10社】

ソフト闇金

携帯ブラックの人でも、携帯スマホの契約をすることはできます。

結論から言いましょう、「三大キャリア(docomo、AU、Softbank)で契約ができなかったから、携帯は持てない」
と諦める必要はありません、まだまだ試してみる方法はあります。
大事なことは会社(キャリア)選びと支払いの方法です。
三大キャリア(docomo、AU、Softbank)で契約が出来なかった人が、スマホの契約をするには、格安スマホを契約することです。
格安スマホでも特に契約しやすいのは以下の3社といわれています。

①ワイモバイル(Ymobile)
②UQモバイル
③楽天モバイル

上記のキャリアは口座振替で一括で購入が可能です。
格安スマホと名前がついているだけあって、機種を問わなければ1万円台での購入が可能です。

ソフト闇金

3社の特徴

ワイモバイル(Ymobile)

格安スマホ選びでポイントとなる「通信速度」。
ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドという力もあり、格安スマホの中でも通信速度が速いのが魅力のひとつです。
料金もCMでお馴染み「ワンキュッパ」。
全てコミコミで1,980円と大々的に宣伝されています。通話料、データ通信量、すべてコミコミでワンキュッパ(1,980円)から利用できるのです。
また格安SIMのキャリア店舗といえば、ネットや家電量販店での販売が多いのですが、ワイモバイルは
日本全国各地に店舗があるのもお勧めの理由です。

UQモバイル

通常、格安SIMといえば、お昼時や通学通勤時間などの利用者が多い時間帯では通信速度が落ち、ゲームや動画など読み込みに時間が、
かかることがよくありますが、UQモバイルは無縁といっていいほど、速度が変わりません。
通信速度がなにより大事!という人であれば格安SIMなら、UQモバイルがお勧めです。

楽天モバイル

楽天モバイルの使用回線はNTTドコモの回線を使用しています、docomoエリアであれば大方どこでも大丈夫です。
併せてプランが豊富なのも魅力のひとつでしょう。
特に普段からYou Tubeなどの動画をあまり見ない人やアプリゲームをしない人など、データ通信量をそう使っていない人におすすめと言えます。
具体的にいうと、1ヵ月に3.1GBまで使えるプランで、通話もできるSIMを契約すると、1ヵ月1600円。
通話は契約せずに、ネットのみ利用する場合は、月の使用料は1000円ほどになります。

どうですか?簡単ではありますが「携帯ブラック」でも携帯を持つ方法はあります。
初期費用2万前後かかりますが、大手携帯会社に比べてかなりお得になると思います。
ソフト闇金での借入金の使用方法で格安スマホ契約というのは毎月上位になるようです。
ブラックでもお金は借りれますしスマホを持つこともできますので、他キャリアで審査が通らなかったブラックの人は是非ご検討ください。

【受付はこちらをクリック】即日~5万円までの少額融資が必要な方はこちら >>
ブラックでも絶対借りれるソフト闇金「ライト」にまずはご相談ください。無審査・在籍確認不要の簡単手続きで即日融資(借入・現金化)可能です。【2019年安心安全なソフトヤミ金ベスト10社】

タイトルとURLをコピーしました